知りたければ自分で検索してね攻撃

知りたければ自分で検索してね攻撃、と命名していることがある。
SNSで何かをおススメしているのを見て「そこ行きたい!」と思っても、
そこがどこだか分からないから自分で検索して調べる、みたいな時の事を指す。

何かのメニューを提供していたり、
イベントを主催している人からの案内でも結構ある。
ここでやってます、
こんなメニューをやってます。
でも詳細はない。
検索するか、本人に興味があるので教えてくださいとメッセージするしか詳細は分からないのである。
詳細はフェイスブックのイベントページを見てくださいみたいなメッセージもある。イベントページのリンクがなく、イベントの招待状もない。
参加したいなら謎を解いてね!的なゲームなのかと思ったりする。
SNSも一応コミュニケーションツールなので、多少は読んでくれる相手のことを思って書かないと、良かれと思って書いた記事や投稿も、「ふーん」で終わってしまう
相手のためにググってリンクも貼るのか、
興味があれば自分で調べて的な感じで行くのか、
はたまた質問を待ってやりとりを頼むのか、
それは個人の好みなんだと思うけど、
何かを誘う時は詳細にたどり着くリンクぐらいはあった方が相手が来てくれる確率は上がるかなと思う。
SNSに投稿する時「どう思われるか」を気にするよりも、「どうしたら相手に喜ばれるかな?」を考えたら、それは日常コミュ力アップに繋がるかもしれないね。

SNSをどうやって使っていったらいいかよくわからない人のための講座

アナログ女子のためのゆるゆるSNS&WEB攻略講座

グループ講座

〜開催日時〜
3月22日(金)13:30-15:30
場所は兵庫県芦屋市 JR芦屋駅徒歩3分 ラポルテ北館2階
カウンセリングサロン エルモリヤさん
(画像はカウンセリングサロン エルモリヤ で開催した1月の色彩心理カウンセラー養成講座の時のものです)

アナログ女子のためのゆるゆるSNS&WEB攻略講座